研究

|ラクシュミーの植物【研究】に対する想いと姿勢

弊社の取引先であります、インド CNP 社(カルテイベーター・ナチュラルプロダクツ・有限非公開株式会社)は、インドにおけるアーユルヴェーダ教育機関の中で最高峰と認められている、インド国立グジャラートアーユルヴェーダ大学院の薬用植物学修士号を所持するタルン・プラジャパテイ氏が率い、自社農園・自社加工場・自社研究所を所有しております。世界各国の有機認証取得にとどまらず、オーガニックハーブのヘアカラー部門におけるフェアトレード認証取得(化粧品ジャンルで世界初)に成功した実績を誇る、世界的にも大変稀有な会社です。まさに地球の未来を見据え、業界をけん引する存在です。

CNP 社内検査施設

ISO/IEC17025:2017 規格を遵守しています。
・原材料、包装材および最終製品の分析に特化(食品、食品サプリメントおよび化粧品)。
・ハーブ、植物、スパイス、サプリメント、錠剤、カプセル剤、化粧品成分/化粧品、水、土壌の分析。
あらゆる製剤において、標準化はロット間の均一な品質保証のためにきわめて重要な要素です。当社の社内検査施設は、原材料からハーブおよび化粧品の最終製品に至るまで、完全な標準化検査を実施し、考え得る最良の成果を上げています。
当検査施設はきわめて高度な装置、すなわち HPLC、蛍光検出器、UV-VIS 分光光度計、ICP-MS、LC-MS/MS、GC-MS/MS、FTIR、GC-MS/HS など、ハーブ製品および化粧品に関する標準化の最新動向に対応できる機器を備えています。
また検査施設にはライブラリがあり、有用なアーユルヴェーダ医学の古典から自然製品や現代の医薬品の参照文献、すなわち欧州薬局方、米国薬局方、インド薬局方、日本薬局方、韓国薬局方、AOAC などの膨大なコレクションが閲覧できます。

上記の通り、高度な装置を揃えたインド CNP 社での商品分析一覧「分析証明書」「化学物質等安全データシート」「重金属レポート」「微生物学レポート」「残留農薬レポート」もサイト上で公開(https://laksmi-jp.com/report/)しておりますが、インドでの研究調査とは別に、ラクシュミーとしても下記の通り日本国内での研究調査を進めております。